百万遍かぎや政秋

熨斗〜のし〜

  熨斗(のし)とは、贈り物の右上につけてある紅白の折形
 のことで、熨斗鮑(のしあわび)の略です。日本の贈り物の
 起源は、新鮮な肴(魚介類)を神への献上の品として供える
 ことであったといわれています。特に鮑は貴重なものとされ
 ていました。
  熨斗には「伸ばす」という意味も含まれるので、慶事など
 の祝い事には使われますが、弔事やお見舞いには「引き伸ばす」
熨斗〜のし〜
  「生臭いもの」との意味から熨斗は使われません。正式な贈り物には、贈り物を紙で包み、水引で結び止め、
  熨斗をつけます。それに対して、簡単な贈り物をするときには、のしも水引も印刷されているのし紙を使っても
  よいとされています。


水引〜みずひき〜

水引
  水引とは和紙でできた紙縒り(こより)を数本並べて糊で
 固めたものです。

  水引の歴史は古く、聖徳太子の命を受けた小野妹子が中国
 より持ち帰った贈り物に、海路の無事を祈り、麻を紅白に染
 め分けた紐状のものが掛けてあったということです。
 当時は紅白の麻紐を「くれない」と呼んでいたそうです。
かぎや店内
 そして平安時代に「みずひき」と呼ばれるようになり、
 室町時代から今のような和紙のこよりになったと伝えられています。  
  では、水引とはなんのためにあるのでしょうか?
 「贈り物やお金包みをしっかり結びとめる」これが、水引の本来の目的です。
水引の本数
  本来は慶事の場合、3本、5本、7本、9本などの奇数、弔事は偶数という数のしきたり
 がありましたが、今日では、慶事の場合、
5本が主流となっています。
水引の色
 慶事・・・紅白、金銀、金赤
 弔事・・・黒白、青白、黄白、白銀、銀のみ(双銀)、白のみ

  古来より左の位置は貴いとされていたため、淡い色が左、濃い色が右にくるように
 します。紅白なら、右が紅、左が白。金銀なら、右が金、左が銀になります。
水引の結び方
 水引の結び方の基本は、大きく分けて「結びきり」と「蝶結び」の二種類です。
 蝶結び・・・何度繰り返してもよいお祝い事
 結びきり・・・二度とあってはいけない結婚、弔事、病気見舞いなど

  結婚祝いでは結び切りが一般常識ですが、「切り」が「切れる」に通じるところから「輪結び」が生まれました。
  最近ではこの「輪結び」がよく目に付くようになりました。

    │ TOP │ ときわ木 │  黄檗  │  野菊  │  益寿糖  │  学び餅  │ 余韻友情 │
   │  洛三彩  │  もえぎ  │    │ 会社概要 │ 出店ご案内 │  Q&A  │ アクセス │ 



〒606-8301
京都市左京区百万遍角
TEL:075-761-5311   FAX:075-761-5313
百万遍  かぎや政秋


ご意見、ご感想はこちらへ info@kyoto-kagiya.co.jp
Copyright © 2005 kagiyamasaaki. All Rights Reserved